SARI会員規約

第1条〔定義〕
 本規約は「SARI」の会員ならびに「SARI」に入会しようとする者に適用されるものとする。

第2条〔目的〕
 本会はスポーツを通し、心身の育成、健康の維持・増進を図るとともに、会員相互の親睦と交流を図ることを
目的とする。
また、埼玉大学の運動施設利用については、会員と埼玉大学生相互の親睦と交流を図り、埼玉大学と地域が
一体となって地域社会の活性化を図ることを目的とする。

第3条〔管理運営〕  本会は、SARI有限責任事業組合(以下「組合」という)が管理運営を行う。

第4条〔事務所〕
 組合事務所は「株式会社高脇基礎工事 大宮事務センター」内に設置する。

第5条〔会員制〕
 1.本会は会員制とする。
 2.会員は、「個人会員」とし、個人会員には、「一般」「シニア(65歳以上)」「高校生」「小中学生」 「幼稚園」「ファミリー」「ビジター」「チーム登録」のカテゴリーを設ける。未就学児は、 保護者が会員になることにより施設を利用することができる。
 3.会員区分は、第5条2で定められた年齢等に達した時点で自動的に変更となる。
4. テニスコート利用にのみ、ビジターの区分を設ける。

第6条〔入会資格〕
 本会の入会資格は以下の通りとする。
 1.本会の目的、規約に同意する者であること。
 2.本会の諸施設を利用しスポーツをすることに耐え得る健康状態にある者。

第7条〔入会手続き〕
 本会に入会しようとする者は、本規約に同意した上で、以下に定める手続きを行わなければならない。
 1.所定の申込用紙により入会申し込みを行い、会員区分に従って会の定める初期手数料及び所定の会費を本会に 納入しなければならない。
 2.高校生以下の者が入会しようとする時は、所定の書類により保護者の同意を得た上で申し込むものとする。 この場合、保護者は自らの会員資格の有無に関わらず、本規約に基づく責任を本人と連帯して負うものとする。
 3.本会に入会の申し込みを行う者は、原則として、同時に組合と株式会社サイモンズとが提携して行う 「SARIメンバーズポイント」(以下ポイントサービスという)に、所定の申込書により入会の申し込みを行うものとする。 なお、ポイントサービスについては、「SARIメンバーズポイント」会員規約(以下「特約」という)により別途定めるものとし、 特約に明示された以外のポイントサービスに関する事項については、サイモンズポイントカード会員規約に従うものとする。

第8条〔会費等〕
 1.入会金、会員区分毎の年会費は別に定める。
 2.会員は、会員区分により、年会費を本会が指定した日までに納入しなければならない。
 3.一旦納入した入会金及び会費は、一切返還しない。
 4.利用料金等は、SARIメンバーズポイント会員が保有するポイントにて支払うことができるものとする。

第9条〔会員資格〕
 1.第7条の手続きが完了し、本会が発行する会員証を受領した時点において、会員資格を取得したものとする。
 2.会員資格は、他に相続・譲渡・転貸することはできない。

第10条〔更新手続き〕
 会員が会費を納入した時点で更新が完了したものとする。

第11条〔届出内容の変更手続き〕
 会員は、入会手続きの際の記載事項およびその他会への書類の記載事項に変更があった場合には、 速やかにその旨を会に届け出なければならない。

第12条〔会員資格の喪失〕
 会員は、以下のいずれかに該当する場合、会員資格を喪失するものとする。
 1.会員より退会の申し出が本会にあったとき。
 2.本人が死亡したとき。
 3.会の規約および諸規則に違反したとき。
 4.会の名誉を傷つけ、秩序を乱し、本会員としてふさわしくない行為をしたとき。
 5.危険な行為、または他の会員に対する迷惑行為があったとき。
 6.1年以上会費が未納になったとき。
 7.その他、会が会員としてふさわしくないと認めた場合。

第13条〔会員証の管理〕
 1.会員は、会の施設利用やサービスを受ける時は、常に会員証を提示しなければならない。
 2.会員証は、記名された本人以外は使用できない。また、譲渡・転貸することはできない。
 3.会員は、会員証を紛失した場合、直ちに会に届出るとともに、再発行の申請をしなければならない。 その際、再発行手数料は会員が負担するものとする。

第14条〔利用者及び入退場の禁止〕
 本会は会員が次のいずれかに該当する場合、その会員に対して本会への利用を禁止することが出来るものとする。
1. 原則として、会員以外の施設利用は認めない。ビジター会員は会員同伴を必須とする。
 2. 伝染病、その他、他人に感染する恐れがある疾患を有するとき
 3. 健康状態を害して、運動することが好ましくないと判断したとき
 4. 酒気を帯びているとき
 5. 本会の運営に好ましくないと判断したとき

第15条〔施設利用者の禁止事項〕
 1. 本会員が利用できる施設は本会及び埼玉大学が指定した施設とし、その他の施設には無断で入ることができない。
 2. 埼玉大学内でのレッスン又はスクール活動等、許可のない活動は禁止とする。
 3. 埼玉大学の許可がない活動は禁止とする。
4. 大会又はイベントなど、参加人数が30人を超える活動を行う場合は、大学又はSARIの許可を必要とする。

第16条〔授業・課外活動との共存〕(埼玉大学施設利用時)
 本会員は利用可能時間であっても、授業や課外活動を行っている学生の妨げになるような行為をしてはならない。

第17条〔事故の責任〕
 会員は本会での施設利用中の活動に対して、本会の諸規定及び施設管理責任者ならびに実技指導者の指示を遵守し、 事故責任において行動するものとする。これに違反して盗難、傷害等の事故がおきても本会ならびに実技指導者に対し 一切の損害賠償を請求しないものとする。

第18条〔会員の損害賠償責任〕
 会員が施設利用中に、会員の責に帰する事由により本会または第三者に損害を与えた場合、その会員が当該損害に関する 責を負うものする。

第19条〔休業日〕
 本会は、以下の理由により休業することがある。
 1.雨天等により、施設のコンディションが悪いとき。
 2.施設の増改築、修繕又は点検等を行うとき。
 3.埼玉大学行事により、埼玉大学が学内への入構を禁じているとき。
 4.その他、施設の管理上やむを得ない場合。

第20条〔運営システムの変更〕
 1.本会は、規約に基づいて会員が負担するべき会費等について、本会が必要と判断した場合変更することができる。
 2.本会は、前項同様に施設運営システムを、本会が必要と判断した場合変更することができる。
 3.前2項の変更の場合、本会は原則として1ヶ月以上前までに全会員にその旨を告知するものとする。

第21条〔附則〕
 1.本規約に定めのない事項ならびに業務運営上必要な事項は、別途定めるものとする。
 2.本規約および前項の別途定めた事項の改正・変更は、必要に応じて会が行うものとし、その効力は全会員に及ぶものとする。
 3.本規約は、2007年10月8日から施行する。本規約は、2010年4月1日から改正する。